« どれだけあればいいの? | トップページ | アラフェス 1 »

2012年9月 3日 (月)

涙、涙で進まず

嵐さんがメインパーソナリティを務めた24時間テレビが無事に終了して1週間。
HDDの容量を圧迫してるので、急いで編集してBDに焼きたいのですが、見ているうちに涙してリピートして全然進みません。
どのエピソードもとてもメッセージがあり大事な内容なのですが、全部は残せないんでね・・・
失礼ながらマラソンは全カットの方向で・・・

涙しつつ、チャプター入れつつ、編集しております。

嵐のメンバーが担当したエピソードの中では潤くんの吹奏楽部の皆さんのお話が一番ウルウルしたかな?
演奏が終わって、感極まって涙を堪えながら目をシパシパしている潤くんは素晴らしかったな~。

もちろん、メンバーが担当したどのエピソードも感動しましたから、見るたび泣きっぱなしです。

空手少女の試合会場との中継のときの大野くんの表情が、本当に心配そうで泣いちゃいそうに見えたし・・・

今回多くのエピソードを担当した相葉ちゃんが、VTR最後に言葉に詰まってしまったところも

嵐のメンバーが担当したエピソード以外で、イモトアヤコさんと由花ちゃんのチャレンジがとても心に残りました。
たーくんと飛べて良かったな~

会社でお昼休み、24時間テレビの内容を話しているとき、頑張っている人たちの話に、「うちらって幸せなんだね。というか逆に小さい事に腹立てたり、愚痴ったり、人間小さすぎるよね。頑張ろう~」って話してました。

そうそう、ダンス甲子園での大野くんのマイケルダンス。
こう言ったら怒られるかもしれないけど、大野くんはもっと出来るのにって思ってしまいました。
スケジュールがきつきつで振付覚える時間もなかったようですし、贅沢な悩みですが。
それでも本番にはビシっと揃えてくるあたりさすがプロフェッショナルですな。

大野くん、また刈り上げを整えちゃったんですね。
でももう見慣れましたし、ZIP!でも刈り上げ男子が来ていると話題になってました。もう受け入れます
それにワイプ画面に映る大野くんの美しさったらね。
どこまで男っぷりを上げるんだ~

« どれだけあればいいの? | トップページ | アラフェス 1 »

24時間テレビ 2012」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙、涙で進まず:

« どれだけあればいいの? | トップページ | アラフェス 1 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー