« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月21日 (月)

鍵のかかった部屋 第5話 鍵のかかっていない部屋

月曜の朝は金環日食です。
でも私の住んでいる関東は曇りらしく太陽のリングは拝めそうにありません。
もし拝めたとしても丁度金環になる時間、家を出る時間なんですよね。
薄暗い中、日食も拝めず、ごく普通に出勤する事になりそうです。

さて明日は『鍵のかかった部屋』第6話です。
なので~今回は第5話の感想です。
ん?前回もおなじような切り口だったような
まあ、いいじゃないですか。
なんで放送してすぐに感想をアップしないかというと、何回もリピートしてじっくり見直すんですよ。
トリックを納得するまで見て、あと隠しネタとかないかって。

1・2話の演出家さんと3・4話の演出家さんって違う方だそうで。
やけに3・4話は人間味が出た榎本さんになってました。
あんまり青砥さんと親しげになりすぎるのもな~?
と思っていたら5話はまた1・2話の演出家の方にもどったんですね。
3・4話で人間味の出た榎本さんに慣れちゃってたのか、あまりにもエキセントリック榎本に見えちゃって・・・。
話の流れがあるんだからそこそこ合わせてほしいなぁ。

5話はなんとなく後味の悪い話でした。
杉崎(犯人)は好きな女性と結婚出来ることになって、新居まで建てたのに地震であっけなく亀裂が入り傾いてしまった。
傾いた家を見て、彼女は本来の気持ちに気付いてしまって別れを告げられました。
彼女は失恋したばっかりだから心が弱ってたのよね。
そこに付け入った男も男だが、乗った女も女なのでどっちも悪いと思う。
結婚できないって理由が「神様の警告」なんて言い訳しないでちゃんと伝えればよかったのに。
だけど「加奈のためならなんでもするよ」っていう柴崎が私には加奈のズルさよりもキモ過ぎたわ~。
ちょっとしつこすぎて、彼女も引いてしまうって。
好きすぎたのね・・・

あの欠陥住宅を建てた社長はタイミングが悪すぎましたね。
振られて自暴自棄になってるときに電話かけてきちゃって。
「あいつ、殺そう」っていう杉崎がやっぱり怖い。病的。

そのとき閃いたにしては用意周到な殺害計画だったのでちょっと無理あるな~と思いましたけど、傾いた家を効果的に利用した殺人でした。

本編は先にも言った通り後味悪い終わり方で、スッキリしませんでしたが気になるのは鴻野刑事ですよね。

密室だから榎本に念のため検証してもらいたいなんて、はじめから榎本の指紋を取りたかったんでしょって疑っちゃいます。
密室を検証したいって割にはあっさり事故で片づけるって言うし。
初めから指紋だけが目的って思われますね。

刑事としては腕が立つのかどうなのか?さっぱり。
原作ではどうなんでしょ?まだ読んでないんですよね~。
(手元にあるのに、読むのはドラマ終了後です。)
3話で芹沢さんが被害者と電話していて、犯行時間にアリバイがないってだけで犯人扱いして追い回すし、5話の密室もさっさと事故で処理しようとするし。
そのくせ榎本の指紋が密かにとって過去の犯罪記録と照会してるなんて抜け目ない、好きになれないわ~。

最後の最後アップになった文章

・・・から受領した資料について次の・・・
・・・ンを、照合分析を実施した。

・・・採取された犯人のものと思われる・・

気になる文章です!
この文章の上にある別の文章は巻き戻して読めました。

捜査一課 鴻野光男により提出されたサンプル、榎本径氏の指紋及び掌紋を、過去に都内でおきた窃盗事件現場で犯人と思われる者の指紋と照合した結果、同じパターンが検出されなかった。

この文章と相反する文章が読めない部分にかくされているのかどうか?気になるぅ

小説では榎本と鴻野は持ちつ持たれつな関係みたいだけど、ドラマではどういう関係になるのか、ハラハラドキドキです。

そうそう指紋の話ですが、鴻野が榎本くんの指紋を取る事が目的だったとしたら、我らが榎本くんは気付いていたと思います?
ありとあらゆる事に精通している榎本くんですから、鴻野の目的なんて見抜いていたと思うんですけど、考え過ぎですかね~?

さあ、次は第6話です

2012年5月14日 (月)

鍵のかかった部屋 第4話 黒い牙

先日LADY GAGAのコンサートに行ってきました。
まずビックリしたのは撮影OKなこと。
J事務所はもちろん、国内のアーティストのコンサートで撮影OKなんて聞いた事ありませんが、周り中が携帯やipadなどで撮りまくってました。GAGAさまは寛容なのねぇ。
セットも仕掛けも大掛かりで豪華でした。
何よりGAGAさまが歌もダンスも本気で、衣装替えでバックに消えたときもマイク越しに激しい息遣いが聞こえてきます。
ダンスしながらの生歌の声量は素晴らしいの一言。
合間にはさむトークは全部英語(通訳なし)なのでさっぱり判らないのですが、「私を愛してくれてありがとう、私もみんなを愛し続けるわ」的なことと「去年は震災で大変だったのに来てくれてありがとう」的なことは何となく判ってちょっとうるってしまった。

こんな風に他のコンサートに行くと、嵐さんのコンサートが恋しくなっちゃうんだよね?早くお知らせ来ないかな~。

さて、今夜は『鍵のかかったへや』の第5話です。
もう半分来ちゃったのね。早いわ~。

なんですが、今更ですが4話の感想です。
某掲示板によると、4話の黒い牙は原作だとかなり表現がグロい?怖い?ようで既に読んだ方々からはこれを映像化できるのか?
放送出来るのか?などと心配の声が上がってました。
ふーんそうなの?まあ画面越しですから貞子が出て来ない限り大概の映像は大丈夫ですね。
と思って見ました。

「見た目には騙されないでください。」
予告やスポットCMで何度も榎本径が言っていた事。
このドラマの場合、犯人は最初から登場していますからね、多分犯人は被害者の妻の美香さんか蜘蛛仲間の古溝さんのどっちかだろうね。
見かけにはだまされないってことはいかにも犯人らしい古溝さんじゃなくて真犯人は美香さんなんだろうね。って単純に思いました。
犯人がだれか?が面白いんじゃなくてそこに至る推理が面白いこのドラマ。その推理が私にはさーーーーっぱり判らないのさ。

結果、犯人は予想通り美香さんでした。
でもね~、その推理がね、やっぱり途中グロいですね。

キャメロンを殺し、中身を取り出し、キャメロンの皮をクロドクシボグモに被せた。

これ、原作ではどんな表現になってるんでしょう?
ドラマは1時間に収めなきゃいけないし、放送に耐えない内容は削除しないといけないだろうし・・・本を読むのがちと怖い・・・。

それにしても榎本径の頭の中はどうなってるんでしょう?

餌なしで蜘蛛が生きられる時間
同じくコオロギの生きられる時間
靴を履いて家に上がる
クロドクシボグモが一匹いない
キャメロンがいない
キャメロンは死んだという美香さん
ごみ箱に捨ててある二酸化炭素のボンベ
純子の「見た目で判別できないとうっかり手を出しちゃう」
キンタロウを見て驚いた美香さん。

他にもあったかな?
これらをパズルみたいに繋げると犯人が浮かんでくるんですね。

美香さんが犯人なのは予想できてましたけど、あんなに腹黒だとは思わなかった。
あんまりにもヒール過ぎてちょっと引きましたな~。
3話の来栖さんのときは少し可哀想かなとも思いましたけど、美香さんには同情0%です。
キャメロンの中身をとってる姿が怖い怖い。

あの「見た目には騙されないでください。」は

・いかにも怪しい古溝さんは犯人じゃないと言う事。
・犯行に使われたクロドクシボグモはキャメロンに化けていた事。
・やまとなでしこ風な美香さんが実は腹黒な犯人だった事。
あと番外ですが
・キツイお姑さんは実はきっちり嫁の本性を見抜いていたと言う事

かな?
いやいや騙されちゃうところでしたよ。

それにしても3話、4話と榎本と純子が近づきすぎません?
嫉妬じゃないですよ~?
あまりにも純子の近づき方が速すぎないかと。
大野くんがインタビューで「匂わす程度じゃない?」って言ってたけどそれくらいにして欲しい。
冷静で謎の多い榎本径を維持して欲しいところです。
せめて最終回くらいまでゆーっくりペースでお願いします。。

今回の私のツボは榎本が美香さんを見つめて、その後指をこすりながら推理に入った場面です。
キーポイントとなるものを確認しながら最後に「そういうことか」という一連の榎本径・・・いや大野くんがカッコいいんです
このシーンだけで何回もリピートしちゃった。
あ、変態って思わないでくださいね。ファン心ですから。

5話でもツボになるシーンがあるといいなぁ

2012年5月 8日 (火)

FACE DOWN 好みはどっち?

GWの後半、冬でもないのに今更な(?)風邪をひき寝込んでました。
やることも無いので横になりながら、『鍵のかかった部屋』1~3話、Mステをヘビロテしまくりです。
何度みても大野くんは見目麗しいなぁと惚れ惚れ

『鍵のかかった部屋』の主題歌「FACE DOWN」がMステとHEY×3で流れました。
どっちも嵐さんはがカッコ良いのですけど、好みってありませんか?

Mステは割と引きの絵が多くてグループ全体とか個人全身を抑えている感じでした。

HEY×3は舞台がせまいせいか、かなり接近した絵が多かったですね。顔までのアップもこっちのが多いなぁ。

ただね、HEY×3はお客さんが入っているので、引きの絵だと手拍子の手とか映り込んでいて足元のステップが見えない。
見る側の私は嵐さんのステップをガッツリ見たいので、出来れば足元も映るカメラアングルを多用していただきたいな~と思っちゃう。
あと観客の歓声も多すぎるとなぁ~と。

出来れば、カメラアングルはMステとHEY×3のミックス。
音声はMステが私の希望かな?

昔ならあと「うたばん」があったんですけどね~。
もうこの曲で歌番組に出る事はないのかな?
私最近思うんですけど、ミュージックフェアに嵐さんは出ないんでしょうか?
テゴマスのお二人は見た事あるんですけど、他のJ事務所のグループは?

嵐さんが個々に忙しいからスケジュール揃えるの大変でしょう。
それは判ってるんだけど、新曲出た時くらい歌番組で踊る嵐さんを沢山見たいのよと思う今日この頃なのです。
忙しいのわかってるのに我儘だよねぇ。
ごめんなさ~い

2012年5月 4日 (金)

鍵のかかった部屋 3話まで見て

超超超~お久しぶりです。
ゴールデンウィークをいかがお過ごしですか?

この春からどうやら花粉症デビューしてしまったような私。
元々ハウスダストのアレルギーは持ってましたが、スギ・ヒノキには負けないわ!なーんて思ってました。
でも検査はしないでズルズルと過ごしていましたが、以前になったようなアレルギー性の咳が出るようになり、観念してアレルギー検査を受けました。

そしたら・・・

なんと・・・

花粉症っ気ZERO~。

花粉症のシーズンにハウスダストアレルギーが酷くなっただけ・・・

だそうで。

とんだ勘違いでした。でもまあ良かったっわ。

大野くんのドラマ『鍵のかかった部屋』第3話まで放送されました。
私はどどどどドストライクな内容なので、プラス大野くん主演でもう楽しみでしかたないです。

第1話を見たときは、このドラマは榎本径が密室の謎解きをしたあと、犯人を追いつめるのは芹沢さん・・・っていうパターンなのかなと思いました。

でも2話では榎本径自身が犯人を追いつめ、3話では早々に犯人が確定したあと、犯人との一騎打ちで自白に追い込む。
ワンパターンではない解決の方法がとても新鮮です。

元々、このドラマの犯人は最初からある程度予想されていて、そのアリバイ崩し=密室を破る・・・が醍醐味ですね。
最後まで犯人がわからないタイプの謎解きが好みの場合は物足りないかもしれないけど、私はこういう理詰めな謎解きが好きみたいです。

3話で榎本径が「そうだったのか」って密室を破った時間が21:26だったので「もう?早すぎるでしょ?」って思いました。
犯行現場で来栖さんが将棋の駒をずらしたことで犯人なんだろうなとは思いましたけど、そしたら残り30分どうするんだろ?って。
この回での見せ場は全てが露見したと確信した来栖さんと榎本径の将棋での最後の勝負だったと思います。
将棋の不正は認めても殺人は認めない犯人と追いつめる榎本径。
不正はいけない事だけど、それにつけ込んだ男に振り回され殺人まで犯した彼女に気の毒な気もして、切ない勝負だったなって思いました。

それにこの回はちょっと榎本径の人間味が出てきましたよね。
青砥さんに彼女の存在を聞かれドギマギしたり、来栖さんの弁護をしようと言う彼女を不器用ながらに元気づけようとしたり。
でもこの程度で押さえて欲しいかな~と思ったりもします。
クールで表情を変えない榎本径が好みなんでね~。
某雑誌のインタビューではLOVEがありそうなことも書いてあったのでどうなるんでしょうね?それはそれで楽しみだったりして。

将棋の勝負は来栖さんが勝ちました。
某サイトで、あれは榎本径が本当に負けたのか?来栖さんの最後のプライドを守ってあげたのか?って話題になってました。
どっちなんでしょうね?
あれだけ理詰めで犯人を追いつめて、将棋もそこそこやってそうな榎本さんが王将の前がガラ空きなんてありえないでしょう?とも思うし。
ドラマだからそこまで考えてないよ~とも思うし。
その答えは曖昧なままで良いと思いますけどね。

そうそう、毎回事件のきっかけになるのは芹沢さんですよね。
金庫に閉じ込められたり、泥棒に入られたり、殺人の容疑者になったり。
次回も芹沢さん、何をやらかしてくれるんでしょ
佐藤浩市さん、上手いんだよな~

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

いらっしゃいませ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バナー

  • SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー